ウォーターサーバーと便利な浄水器

ウォーターサーバーと浄水器の違い

浄水器やウォーターサーバーについて掲載

浄水器

浄水器には木造7畳用(鉄筋14畳)の小さなものから、20畳用(鉄筋40畳)の除湿ができる大型なものまで能力の大きなものまであります。さまざまな家電メーカーから、いろいろな機能を備えた浄水器が市場に出回っています。除湿器で人気ナンバーワンは、コロナから発売されているCD-P6311という浄水器です。

コンプレッサー式で除湿するタイプで、1時間当たりの電気代は約4円と経済的な仕様になっています。この除湿器が働く能力は、木造7畳、鉄筋14畳の場合1日あたり約5.6リットルの除湿が可能です。口コミ評価をチェックしてみても、除湿の効果は十分で、雨の多い季節でも布団がさらりとしていて、部屋で干した洗濯物がすばやくカラッと乾くという高評価が寄せられています。

ボタン数も少なく抑えており直感的に操作することができるため、どなたでも使用しやすい浄水器といえるでしょう。しかもサイズもコンパクトで、移動に苦労しないというところも人気の要因です。価格設定もリーズナブルなので、高い大型のものを1台買うのではなく、いくつか購入して湿気を取り除きたい部屋に設置するのもよいでしょう。

ハイブリッド式の浄水器ではパナソニックが開発したF-YHGX120がヒットしています。この機種では木造11畳、鉄筋23畳という広さの除湿もできるので、1日につき9リットルの湿気を解消します。価格も高めで置き場所を取りますが、ハイブリッド式なので、室温が低くならず冬でもOKなので、年中浄水器を運転させたいという人には向いています。 素早く衣類の乾燥ができ、ナノイーが装備されているので、部屋干の臭いも気になりません。

また、シャープのCV-A100、東芝のRAD-N63といった機種も好評を博している浄水器に含まれます。

適切な水分補給も代謝には重要

水遊びをするとつい怠りがちなのが水分補給。水遊びでは体が濡れる為、汗が目立ちにくく、水分補給を意識しにくいのです。しかし、水遊びでも汗はかくのでしっかり水を飲ませましょう。遊んだ後の水分補給はミネラルウォーターや経口補水液が最適です。今一番人気のウォーターサーバーと言えばコスモウォーター。4秒に一本売れると言われる大人気メーカーです。人気の秘密は3種類の天然水を選べることと、足元で水を交換できる便利なサーバーの機能。女性や落としよりでも簡単に水が交換できるので大好評です。東日本大震災以降、水の放射能汚染も非常に気になるところですが、コスモウォーターは放射能検査も万全。徹底した品質管理も人気の理由となっています。食品の摂取と共に重要なのは水分。水分といっても様々な種類がありますが、特に重要なのは水です。ジュースなどは添加物や糖分の関係で代謝を上げるとは言えません。純水に水を適量摂取することを心がけましょう。特に大切なのはミネラル成分が含まれているかどうか。水道水にも微量のミネラルが含まれますが、ミネラルウォーターなどミネラルがしっかりと入った水を飲むことで、代謝を上げる効果を期待できます。

一日に摂取する水の目安は1.5~2リットルですが、食物にも水分が含まれる為、1~1.5リットルを水で補いましょう。ちなみにアルコールは水分には入れません。別の物と考えましょう。ミネラルウォーターを飲むのに最適なのはウォーターサーバー。ウォーターサーバーなら自宅まで配送してくれるのでとても便利な上、いつでも冷水やお湯を使う事が出来るのでとても重宝します。