ウォーターサーバーの電気代-便利な浄水器

電気代

天然水をウォーターサーバーで一番おいしく飲む方法

便利な浄水器 > 浄水器 > 電気代

電気代

梅雨の季節は、部屋の中が湿気でジメジメして居心地は悪くなります。それから、屋外に洗濯物を干すことがなかなかできず、部屋干しが多くなるので、室内環境がますます悪化することになります。こういった、梅雨シーズンの湿気を浄水器は除去してくれるのです。

浄水器を稼動させると部屋の湿気がなくなり、部屋に干した洗濯ものをきれいに乾かしてくれます。梅雨の季節を心地よく過ごすために利用したい浄水器ですが、電気代が気になります。部屋で洗濯物を乾かすときに浴室乾燥で乾かすケースもありますが、浴室乾燥の電気代はお高めです。 梅雨シーズンに連日、浴室乾燥を利用していると電気代が何万円もかかってしまうこともあるのです。そんな場合は、電気代を安く抑えられる浄水器を効果的に使っていくと良いでしょう。

コンプレッサー式であるコロナCD−P6311が電気代節約に繋がり、1時間4円とされています。それから、東芝が作り出したRAD-N63や63DFXなら、電気代が1時間当たり4.7円と安くなっています。デシカント式と呼ばれる浄水器の電気代はコンプレッサー式より高くはなりますが、エアコンの浄水器能を使うより安くなります。パナソニックF-YHGX120に関しては、46,000円と決して安くはありませんが、1時間あたり6.4円の電気代で済みます。同様のデシカント式の浄水器でシャープのCV-A100の水分性能は1日10リットルと申し分なく、1時間の電力消費量は5.3円と電気代が安いです。電気料金と多湿の季節を心地良く乗り切ることを目的として、浄水器を使いこなしていきましょう。

関連記事