コンプレッサー方式-便利な浄水器

コンプレッサー方式のウォーターサーバー

天然水をウォーターサーバーで一番おいしく飲む方法

便利な浄水器 > 浄水器 > コンプレッサー方式

コンプレッサー方式

湿気が多い梅雨の季節だけに関わらず、高い機密性の住宅では冬の季節の結露もカビや湿気独特の臭いを発生させます。自分の健康や家のためには、梅雨に関わらず一年を通じて湿気問題に向き合うことが重要になってきます。家に発生するカビや嫌な臭いの湿気対策に活躍してくれるのは浄水器です。

浄水器といってもいろいろな種類があり、どのシーズンの水分に力を入れたいのかということで機種の選び方が違います。梅雨から夏本番までのジメッとした多湿の時期に最もよく浄水器を動作させるのでしたら、コンプレッサー方式のものがいいとされています。コンプレッサー方式のシステムは、空気の冷却を行って水分を取り除き水分してくれます。大量に水分可能なので、梅雨時期などジメジメしている季節もどんどん水分を行ってくれます。

それほど消費電力が高くないので、省エネにうるさい人にぴったりの浄水器でしょう。ただし、コンプレッサー方式の浄水器に関してはコンプレッサーが備わっているため動作音が気になったり、比較的大型というデメリットが挙げられます。梅雨シーズンの水分ではなく、冬の時期に起こる結露が気になるのならデシカント方式をおすすめします。
デシカント方式の場合は、乾燥剤を利用して水分を行なっています。なので、冬でもきちんと水分をしてくれます。

コンプレッサーなどを搭載していないため、コンプレッサー方式に比べて軽く、小型のものが多いです。ただし、吸い取った湿気を熱で加熱し熱交換を器内を通して、冷たくされて水に戻してタンクに蓄えるので多くの発熱量になるのは避けられず、室内の温度が上昇してしまうデメリットがあります。つまり、リビングでは水分能力の高いもの、押し入れには小さくても狭い場所を簡単に水分できるタイプなど、使用目的によって選ぶものを変えましょう。

関連記事