ウォーターサーバー浄水器

補水にウォーターサーバー

天然水をウォーターサーバーで一番おいしく飲む方法

便利な浄水器 > 浄水器 > 新聞紙

新聞紙

嫌な湿気を退治するのに、浄水器を活用している人も多いでしょう。
限られたシーズンのみに使うので、新たに購入するのが無駄遣いのような気がする人向けに簡単な水分方法を伝授します。
読み終わったら捨てる日まで積み重ねられている新聞紙ですが、新聞紙で水分する方法もあるのです。
新聞紙を軽く丸めて押入れの中に入れておくことで、水分に効果を発揮します。
湿気を吸収することによって、新聞紙がしっとりしたら交換しましょう。
重なりあっている布団の間に20?30枚の新聞紙を入れておいても、押入れの水分には効果的です。
この他、脱衣所の水分を行いたいときにも新聞紙はとても重宝します。
お風呂のバスマットというのは湿気を帯びやすく、知らぬ間にカビが見られるようになることも往々にしてあります。
バスマットの湿気やカビに対しては、バスマットと床との間に新聞紙を約5枚置くといいでしょう。
バスマットの裏側、床の上に新聞紙を敷いておくだけで、水分を吸収し湿気を取り除いてくれます。
ですが、湿気を吸い取った新聞紙をそのまま置いておくと大した水分効果がなく、しめった新聞紙の方にカビが生える可能性があるので、交換は3日に1回くらいを目安にしてましょう。
押入れと同じパターンで靴箱に対しても水分剤代わりに新聞紙を応用できます。
雨に濡れて重くなった革靴に丸めた新聞紙を入れ、2時間おきくらいに詰め替えると2倍速で履き物を乾かすことができます。
このような事例からみても、新聞紙には水分を吸い込む力が強いというのが分かるのではないでしょうか。

関連記事