カビ菌-便利な浄水器

ウォーターサーバーとカビ菌

天然水をウォーターサーバーで一番おいしく飲む方法

便利な浄水器 > 浄水器 > カビ菌

カビ菌

湿気が多くてジメジメしている場所は、人にしてみても、住宅にしてみてもよい環境とは言えません。水分というのは湿気が体に絡みつく気持ち悪さを解消するだけでなく、複数のメリットがもたらされます。高温多湿な場所は、ダニが大量に発生しやすい環境といえます。ダニは血を吸うだけでなく、死骸もアレルギーの要因としてアレルギー症状を誘発します。ダニが生育するためには60から70%以上の湿度があることが必須らしいので、気温や湿度が高まる梅雨シーズンは特に水分を心がけていきましょう。

また、しっかりと水分を補給しておかないとカビの発生を誘発することにもなります。カビは適度な温度、栄養分、酸素、湿度の条件が満たされた時に発生しやすくなります。湿度は70から99%という状態が最もカビが発生しやすい場所になります。カビの菌は日常的に空気の中を漂っているので、どこでも生える可能性があるのです。カビ菌を空気の中から全て退治することはできないので、カビの発生を抑えるように湿度を調節することが欠かせません。
カビもダニと同様アレルギーを誘発する原因となりえるので、健康管理の意味でも水分には気を配る必要があります。高い湿度の状況下では、手足がむくんだり食欲不振が続くなど体への影響もでてくるので、気を配ってください。また、湿度の調整が上手くいかないと、肌の新陳代謝のサイクルがくずれてしまい、肌へ悪影響を与える可能性があります。適度な水分を心がけることでダニやカビの温床にならずに、肌トラブルを予防することができます。

関連記事